Home > 補聴器 > 聴力の低下と難聴の具体的な症状

聴力の低下と難聴について

聞こえにくい・聞き取りにくいなど、補聴器をかけていれば日常生活には大きな支障がない状態を「難聴」といいます。 難聴の原因は人によって様々ですが、一般的に多いのは加齢に伴う聴力の低下です。 この聴力の低下は誰にでも起こりうることで、低下し始める時期やその程度には個人差があります。

加齢による聴力の低下の場合、まず高音域から聞こえにくくなり、比較的周波数の低い「あ、い、う、え、お」といった母音については、 それほど聞き取る力が低下しないので、ご自身ではあまり聞こえにくいと感じないようです。 このため、難聴は本人よりも周りの方が先に気づくことが多いといわれています。

難聴の具体的な症状

難聴では、主に次のような症状がみられるようになります。いくつかの項目に該当する場合、耳鼻科などの医療機関にご相談ください。

  • 会話についていけないときがある(特に周りが騒がしい時)。
  • 聞き返しが多くなった。
  • 人が話していることを聞き間違える。
  • 電話での聞き取りが難しい。
  • テレビやラジオの音量が他の人よりも大きい。
  • 会話の際、相手がつぶやいているように聞こえる。
  • 鳥のさえずりや雨音など、自然の音が聞こえにくい。
  • 会話中に相手の話していることがよく分からなくても、同意したりうなずいてしまう。
  • 会話が聞き取れず、自分からその場を離れてしまう。
  • 唇の動きをみて、人が何を話しているか理解している。
  • 会話を理解することや聞くことに神経をつかう。
  • 耳鳴りの経験がある(継続的または断続的な金属音やその他の音)。

聴力の低下によって起こる「聞き間違い」

聴力が低下している人は、単に音が小さくしか聞こえないという訳ではありません。 加齢により聴力が低下していくと、子音をうまく聞き分けることが難しくなってきます。 子音の聞き分けがうまくできなくなってくると、言葉の聞き間違いが多くなります。

聞き間違いの例: 佐藤(SaTo)⇒ 加藤(KaTo), 広い(HiRoi)⇒ 白い(SiRoi)

ウインクの補聴器販売店では、補聴器調整のための聴力測定を行っております。聞こえに違和感を覚えたら、ウインクの補聴器取扱店にお気軽にご相談ください。